×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








ねぇ、


あたしたちって、


前みたいに元に戻らないのかなぁ?














「Good bye.」









それはある日の事。

友人の一人、チエが告白したらしい。


一年上の先輩に。

答えはもちろんOK。


「・・・へぇ〜、良かったじゃん!!」

「ありがとね!^^」

「ナツも好きな人いないの??」

「あたしは・・・いないよっ!」

「ホントに〜〜?」

「ホントのホントっ!」

「・・・ぷっ!あはははは!!」


こんな、他愛も無い会話が、あたしは好きだった。


一ヶ月前までは。





あたしは、塾にいた。

問題が解けず、悩んでいた。


「・・・?どうやって解くんだ??」

「こうやって解くんだよ!」


誰かが、あたしのシャーペンを取って、ノートに公式をスラスラ書いていった。


「・・・すごーい・・・。」

「どういたしましてっ☆」

「ねぇ、名前何て言うの?」

「あ・・・ナツって言います。」

「ナツか〜・・・いい名前だね!!俺はマサトって言うんだ〜。」

「マサト・・・」

「何中?」

「○○中ですっ。」

「そうなの?!じゃあ俺と同じ中学だねっ!俺は一年上だけど;」

「へぇ〜・・・。」

「奇遇だね〜。あ、これからもよろしくっ。」

「あ、よろしくお願いします・・・。」


それ以来、あたしはマサト先輩と仲良しになった。
分からない問題を、教えてくれた。
あたしとマサト先輩とは友達。ただそれだけの関係・・・。
Coming soon...